前歯を保険診療のコンポジットレジン(CR)で再治療

30代 / 女性
2017年7月症例

診査診断

患者さんは30代女性で、古い前歯の詰め物が変色してきたため綺麗にしたいとご来院されました。確かめると確かにむし歯にはほとんどなっていません。

 

過去に初めて治療した時の理由を聞くと、子供の時に転んだはずみで欠けてしまったのだそうです。その後、数回やりかえているものの比較的長く保っているようで、噛み合わせや歯ぎしりのリスクはさほど高くはなさそうです。

 

確かに向かって右隣の前歯の先端は異常なすり減りはほとんどありません。今回も保険診療によるコンポジットレジン(CR)のやりかえで問題なさそうです。

見た目の回復にはセラミックス治療が有効な場合も確かにありますが、削る量と費用とを考えると、この患者さんではまだそれは早いでしょう。まずは費用をかけない治療で様子を見て、それでも結果が不十分だった場合には次の治療を一緒に考えます。

toothnumber.jpg

資料 3

治療経過

ステップ1 古い詰め物の除去

study_1_2.jpg

資料 4

変色した古い詰め物と脆くなったエナメル質を削って歯の形を整えます。

ステップ2 コンポジットレジンの盛り付け

study_1_3.jpg

資料 5

新しいコンポジットレジン(CR)が強力に接着するように、削った表面を薬剤で処理し、ペースト状の材料を多少多め目に盛り付けます。

study_1_4.jpg

資料 6

その後、紫外線を照射して、コンポジットレジン(CR)を固めます。

ステップ3 仕上げ・研磨

study_1_0.jpg

資料 7  治療前

study_1_1.jpg

資料 8  治療後

形を揃えて研磨して終了です。天然のエナメル質のような自然観を表現するために、表面には溝や凹凸をデザインします。先端も欠けたような跡をわざと残す場合もあります。

 

この患者さんの修復箇所は先端のごく一部だけでした。範囲が狭い方が実は綺麗に仕上げることは難しいのですが、今回は保険治療の範囲内で患者さんにも満足いただきました。

治療概要

治療費
  • CR修復は保険診療です。

  • 3割負担の方でおよそ1,200円前後となります。

  • 治療範囲の大小、麻酔・レントゲン撮影の有無で、治療費負担は上下します。

リスク・副作用
  • 前歯の先端は物を噛み切る時に一番最初に当たる場所です。歯ぎしりや噛み合わせのリスクが少なかったとしても、はずみで欠けてしまう可能性があります。

  • すべての治療において、その後の経過反応には個人差がございます。

  • コンポジットレジン(CR)は歯科用のプラスチックです。基本的には樹脂でできていますので、時間と共に水分を吸収するためるため変色や劣化は免れません。

治療担当
  • 歯科医師 高坂昌太

関連症例

study_2_1.jpg

前歯2本を保険診療のコンポジットレジン(CR)で治療

30代 / 男性

study_3_1.jpg

前歯2本を保険診療のコンポジットレジン(CR)で治療

40代 / 男性