cr.png

虫歯治療 2

コンポジットレジン
(CR)治療

コンポジットレジン(CR)での
​虫歯治療

むし歯が小さければ治療は簡単、短時間で費用もかからず、治療痕も目立ちません。現在、初期むし歯の治療で中心的に用いられる材料は、CR(コンポジットレジン)で、簡単に言うと白くて硬いプラスチック素材です。

tel-bnr.jpg
210119_1003.jpg

​虫歯治療の第一歩

コンポジットレジン(CR)とは?

コンポジットレジン(CR)は無機質と有機質が複合した高分子素材(硬いプラスチック素材)です。以前は小さな充填には過去アマルガムという合金が多く使われていました。銀色の見た目の問題、水銀を含むという理由もあり治療からほとんど姿を消しました。

cr-img01.jpg

保険で治療ができる
コンポジットレジン(CR)

現在ではコンポジットレジンが充填材料の第一選択です。大きな理由の一つは美しく仕上がることで、色のバリエーションが豊富で治療の跡は目立たずに綺麗です。

 

1回の治療で済み接着力も非常に強いので初期の小さいむし歯の治療の場合は長期の維持が期待できます。そして保険で治療することができます。

cr-img02.jpg

虫歯治療
​コンポジットレジンの特徴

虫歯以外を削らないメリット

比較的小さなむし歯や、歯が欠けた場合に適応されます。なんといっても最大の利点は、むし歯以外の健全なエナメル質をほとんど削ることなく、治療ができるということです。色を合わせることができれば、どこに詰めたのかほとんどわかりません。

技工師さんが作った修復物を詰める場合は、穴が外広がりになるようもっと広い範囲を削る必要がでてきます。さらに被せ物の場合は、周囲のエナメル質を全て削らなければなりません。従ってコンポジットレジン充填は、歯にとっては最も優しい治療法になるはずです。

コンポジットレジン(CR)
​の治療例

cr_002.jpg

CR 充填前 (右1番)

cr_003.jpg

CR 充填後 (右1番)

cr_004.jpg

CR 充填前 (右2番)

cr_005.jpg

CR 充填後 (右2番)

保険のコンポジットレジン
お勧めする理由

自費?それとも保険?

コンポジットレジン充填にも自費診療はございますが、高坂デンタルオフィスでは保険のコンポジットレジンをお勧めする場合がほとんどです。その理由としてコンポジットレジンという素材は噛み合わせの強力な力で容易にすり減り、場合によっては短期間で欠けたりもします。

健康な歯をできるだけ削らないために

噛み合わせが原因で予想外に発生するものに対しては、自費診療のコンポジットレジンだとしても、費用のわりに(44,000円~)長持ちはしない可能性があります。修復物を長持ちさせるためには、修復物の厚みを確保する必要があり、そのためには歯をある程度以上削らなければならないのです。

 

もう…お気づきかも知れません。高いからと自費のコンポジットレジンを守るために、健康な歯が犠牲になっては本末転倒です。

ではコンポジットレジン治療は近々壊れる可能性は高いけど、エナメル質をできる限り削らないことを優先しましょう。と、提案されたらどうお考えになりますか?

もしもコンポジットレジンが壊れたらその時は次の一手を考えます。健康な歯をできるだけ削らない一時的な処置として、費用負担の少ない保険のコンポジットレジンを高坂デンタルオフィスではお勧めします。もしかしたらそのCRも長持ちするかもしれませんから、健康なエナメル質を慌てて削る必要はないと思いと思うのです。

比較的大きな虫歯の
​CR治療例

cr008.jpg

CR 充填前 (右左1番)

決して小さくないむし歯でした。CR充填をしても長持ちしないかもしれません。しかし健康なエナメル質を全て犠牲にするという結論は早すぎませんか?

cr009.jpg

CR 充填後 (右左1番)

充填直後。近い将来壊れる可能性が高いのなら、あえて費用のかからない保険診療をお勧めします。

cr006.jpg

CR 充填前 (右2番)

cr007.jpg

CR 充填後 (右2番)

虫歯治療の成功のために

1.歯科治療の1番の敵は「唾液」です

むし歯治療の「現場」はお口の中です。実はこれ独特の条件での治療なのです。例えば、体のどこかを手術する時、切開した体の中はどこも無菌状態です。ところがお口の中は、無数のバクテリアが混じった唾液に満たされています。

もちろん唾液には沢山メリットがあるのですが、治療の時だけは邪魔な存在になってしまいます。詰め物や被せ物を歯に接着するためには、歯の表面を完全な乾燥状態にしなければなりません。風呂上がりに体を拭かないで腰に湿布を貼る方はいないはずです。ちゃんと水気を拭き取らないと、湿布はちゃんとくっつかませません。当たり前のことですが、歯も同じです。

2.コンポジットレジン治療のポイント

歯の表面の乾燥が不完全だと、お口の中の詰め物はしっかりくっつきません。全部取れたらまだいい方で、部分的に剥がれている状態が一番最悪です。気づかないうちにそこにバクテリアが侵入すると、すぐに再びむし歯になってしまいます。

詰め物や被せ物を歯に接着する場面(コンポジットレジンの充填やセメントを使うとき)では、歯の表面をいかに確実に乾燥させるかが治療のポイントです。

3.むし歯治療成功は唾液との戦い?

湿度100%に近いお口の内で、完全な乾燥状態を作ることは難しいのです。だからこそ治療中、患部を乾燥させることに神経質なくらい集中しなければいけません。

風を何度も当てたり、唾液を吸い取る綿を何度も取り替えたり、頬や舌を器具で思いっきり広げたり…患者さんに我慢いただいていることは痛いほど感じているのですが、理由あってのことですのでごどうかご理解ください。治療時間を短縮することも重要ですが、長もちする確実な治療のポイントは外せません。

総合満足度を可能な限り高めることが、高坂デンタルオフィスのスタッフ皆の目標です。そして何年後か何十年後か、入れ歯を入れないですんだと思っていただくことが、私の最終的な目標です。