Unknown-1.jpeg

ゴールドの適合性

クラウンにゴールドをお勧めする理由は他にもあります。それは適合の良さです。最初の写真は自費診療のゴールドクラウン。現在使われている歯科材料の中では最も精密に修復物を作れます。保険のシルバークラウンと境目の適合状態を比べると、両者の違いは一目瞭然です。


技工師さんは模型上で修復物を一生懸命作りますが、素材の違いによって出来上がりの精度には大きな違いが生まれます。

むし歯の原因菌であるミュータンス菌のサイズは大体1μm(1/1000mm)にも満たない大きさです。ゴールドクラウンを被せた時の境目の隙間は、限界で30μm前後くらいで、歯科材料の中で最も成績がいいのですが、残念ながらバクテリアの大きさよりは隙間を狭くすることはできません。

gold003.jpg

ゴールドクラウンの境目

gold004.jpg

ゴールドクラウンの境目(拡大)

最終的に隙間はセメントで埋まるので細菌が常に出たり入ったりはしませんが、隙間は広いほど段差が生まれくぼみができ、バクテリア当然むし歯の再発リスクは上がります。隙間を可能な限り少なくしようとする努力が我々歯科医師と技工師には求められます。

gold005.jpg

この写真はわかりやすい記録なのでご紹介します。こんなにも隙間・段差がある銀歯(銀パラジウム)のクラウンは、保険とはいえ高坂デンタルオフィスではセットはいたしません。患者さんにお詫びして、作り直しをさせていただいたケースです。患者さんには見えないので気づいていただけない部分ではありますが、できる限り問題が再発しないよう常に意識しています。

gold006.jpg

保険のクラウン(銀歯)の境目

gold007.jpg

保険のクラウン(銀歯)の境目(拡大)

自費によるセラミッククラウンは、境目を適合させることがゴールドクラウンよりもずっと難しくて手間がかかります。私が依頼する歯科技工師さんは非常にハイレベルで境目を合わせてくれるので、私はいつも自信を安もって患者さんに提供しています。

gold008.jpg

セラミックスによる失敗

最後に私の失敗症例をご覧いただきます。過去、噛み合わせに対する配慮が今よりもずっと乏しい頃、患者さんにもご迷惑をおかすることもありました。下顎の一番奥にある大臼歯にセットしたばかりのセラミックスインレーが、3年で壊れてしまったのです。

gold009.jpg

セラミックインレーが壊れた奥歯

gold010.jpg

セラミックインレーが壊れた奥

この時はリスクの大きさを患者さんに納得いただいて金属でやりかえましたが、今でしたら最大限の配慮のもと、セラミックスでももう少し長持ちさせられたかもしれません。ただしリスクの問題を考えると、セラミックスは金属よりも思いがけない事態になる可能性は高いです。素材の特性と噛み合わせに対する配慮は軽んじてならないということです。

gold011.jpg

ゴールドで再治療した奥歯

gold012.jpg

ゴールドで再治療した奥歯