歯に問題がなくても矯正では抜いたり削ったりするのでしょうか?

顎骨の小ささによっては、矯正の際にやむを得ずどこかの歯を抜かざるを得ない場合もあります。抜くことは誰しもが抵抗を感じますね。


しかし矯正治療の目的は、綺麗で健全な歯並びができる限り長く安定することです。一方で、どんな場合でも歯を抜かない矯正を勧める矯正歯科もあります。歯を抜かないことが目的になると、顎関節や歯牙そのものにダメージを与えかねない歯並びになってしまうこともあるのです。


ただし矯正のため「だけ」に歯を削ることは、いかなる場合でもお勧めはいたしません。