210119_1019_edited.jpg

院長挨拶

高坂デンタルオフィスでは院長の私がすべての患者さんの治療を担当します。衛生士担当の患者さんを除き、基本的には同じ時間に複数の患者さんをお通ししませんので、お迎えできる患者さんの数が少なくなります。お一人おひとりに向き合う時間を大切にした診療を進めることを基本方針としていますので、ご理解頂けますと幸いです。

210119_0186.jpg

高坂 昌太 (Shouta Kousaka)

院長

高坂デンタルオフィスは「食べる、飲む、話すなど人の機能を安定させる」ことを治療の目標と考えます。

        

歯科医療は内科とは違い、薬だけではなく人工物にも頼らざるを得ません。人工の「修復物」が生体の「細胞」と調和しているか?が重要です。


虫歯治療やセラミックス治療で人工物をセットした後に、機能や生体とのバランスを崩すことがあってはなりません。

そして患者さんには、日頃から虫歯予防に努めていただくことを願います。しかし、歯ブラシの仕方、食生活、体質、そのどれに自分のリスクが潜んでいるかがわからなければ、努力も効果に結びつきません。高坂デンタルオフィスでは、患者さんの弱点を見つけ出すことからスタートし、その方にあった予防プログラムをご提案いたします。

セカンドオピニオンも歓迎します。他院で治療中の患者さんでも違う立場での意見を聞きたい、診断して欲しいという場合は遠慮なくご予約ください。

略歴

1967年 東京都武蔵野市に出生。
1995年 東京歯科大学卒業。
1995年 青森県清藤歯科医院にて4年間勤務。
1999年 こうさか歯科医院にて12年間勤務。 
2011年 パール歯科医院にて分院長として4年間勤務。
2014年 原デンタルクリニックにて分院長として4年間勤務。
2017年 東京都武蔵野市にて高坂デンタルオフィス開業、現在に至る。

所属学会

日本顎咬合学会会員

寄稿

咬合調整/歯科医展望/2021.4~6月号

スタッフ紹介

IMG_8807_edited_edited_edited.jpg

​遠藤

歯科衛生士

特に緊張されている患者さんには、言葉かけや雰囲気で安心していただけるように患者さんとのふたりの時間を大切にしています。


皆さんと一緒にお口の中を確認し、ハミガキの練習をして、患者さんが快適で健康なお口を保ちサポートをさせていただきたいと思っています。クリーニング時には、歯を1本1本チェックし丁寧に行うよう心がけています。クリーニングに来院することを「緊張」ではなく「ちょっとした楽しみ」と感じていただけたら嬉しいです。


ぜひ、クリーニング前と後の違いを体感してください。

210119_0137_edited.jpg

長谷場

受付•助手

“歯科”の仕事に携わってから四半世紀が経ちました。その間には様々な事が変化していますが、年数を重ねるごとに学ぶことも多く、今現在も毎日気づきや発見があり、奥の深い仕事だなと、日々実感しています。


歯科はどちらかというとマイナスのイメージがあり、長く通ってくださる患者さんも治療に慣れることはないわね。と冗談混じりでお話しされます。常に緊張や不安を抱えながら治療に来てくださる患者さんに少しでも安心して治療を受けてもらえるように、様々な事に注力し、患者さんの気持ちに敏感でありたいと思っています。医療は専門用語も多く、普段は当たり前のように使う言葉一つも、患者さんにとっては聞き慣れない言葉です。説明を聞いていても緊張の中だと覚えていない事もあると思います。


わからない事や不安に思うことなど、些細な事でもお話しできるような環境を作り、対話できるように努めていきたいと思います。